フォト
無料ブログはココログ

« 八田ひろ子さんの事務所開き | トップページ | TPPは働き方、雇用にも悪影響 »

2011年1月15日 (土)

どいさんの政策が一番現実的

13日、中日新聞の討論会が開催され、昨日から記事で紹介されています。15日は景気対策、財源、新産業について。他候補が大きな政策をぶち上げていますが、あまりに根拠のないものばかりです。

Chu1101151 どいさんの景気対策はすぐやれ、住宅リフォーム助成はすでに蒲郡市で大きな成果をあげています。

財源問題でもY女史は「賃金2割カット」。500億使うS氏や350億の減税を行うO氏などは「行革」をいうだけです。

Chu1101152

さらに新産業となると「法人税を15%に下げる」「アジアに売り出す」「福祉事業のビジネスモデル」など首をかしげるものばかりです。Chu1101153

どいさんの政策は地元の中小企業の技術力をそのまま生かすもので、中小企業からも「検討に値する」と言われています。

« 八田ひろ子さんの事務所開き | トップページ | TPPは働き方、雇用にも悪影響 »

愛知県知事選」カテゴリの記事

コメント

財源問題は、「削る」では地域が冷え込むだけ。お金が回る仕組みが必要。それを言っている土井さんは、本物だね。

公務員のやる気を奪っては、よい行政サービスは生まれない。公務員削減でお金をつくるのは、けっきょく、公立の保育所や病院がなくなること。

民主党内閣に自民党政権の財務大臣(与謝野)が入った。与謝野は「消費税大幅引き上げを言い続けている人物。菅内閣が「消費税引き上げ内閣」という性格をはっきりさせた。県民の生活を守るために、こんな悪政にノーといえる知事がいいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449520/38483103

この記事へのトラックバック一覧です: どいさんの政策が一番現実的:

« 八田ひろ子さんの事務所開き | トップページ | TPPは働き方、雇用にも悪影響 »