フォト
無料ブログはココログ

« 神宮前で元患者さんからも激励 | トップページ | ドクターの診断<不況の原因> »

2011年1月 1日 (土)

県政の正確な「診断」を

各候補から公約やマニフェストのようなものが発表されている。「日本一」とか、そのうち「世界征服」でもしそうなものが目立っているが、県民の「くらし」が出てこないのはなぜだろう。マスコミからは「財政難」や「閉塞感」について聞かれるが、大企業の利益V次回復や内部留保増加について言及されない。どいさん以外の4人の公約は似たり寄ったりになっている。

政策をつくるためには正確な診断が必要だ。09年夏「国民の生活が第一」と政権交代を実現した民主党政権は「新成長戦略 基本方針」(2009年12月30日)こう指摘した。

「一部の企業が生産性の向上に成功したものの、選ばれた企業のみに富が集中し、中小企業の廃業は増加。金融の機能強化にもつながらなかった。国民全体の所得も向上せず、実感のない成長と需要の低迷が続いた。いわゆる『ワーキングプア』に代表される格差拡大も社会問題化し。国全体の成長力を低下させることになった」

まさに愛知の現状を正確に言い当てている。ところが、菅内閣が閣議決定した「新成長戦略」(2010年6月)ではこの部分が削除されている。他の4人の政策に「県民のくらし」も「一部の企業への富の集中」もないのはこれと同じだ。

間違った「診断」からは正しい処方せんは期待できない。

« 神宮前で元患者さんからも激励 | トップページ | ドクターの診断<不況の原因> »

愛知県知事選」カテゴリの記事

コメント

名古屋の「10%減税」があったが、私にはほとんど関係なし。これで、生活がよくなったという実感はない。また景気がよくなったとも思えない。結局は、不公平な形でのバラまきだと思う。特に所得の少ない人や会社には恩恵なしだ。

Yさんの言う通り。私も市民税減税の10倍近い額の国保料値上げを喰らった。Dr.D知事就任で庶民増税STOP

「巧言令色少仁」ですよね。「大言壮語」ではなく、困っている人に愛を。

「愛」?そうですね。「自己責任」と言われてしまう時代だからこそ「愛」に値打ちがあると思うよ。

今夜、名大混声合唱団同窓会新年会に行きました。皆さんから激励と、カンパと、アドバイスを受け、勇気づけられました。明日からもがんばろう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449520/38301909

この記事へのトラックバック一覧です: 県政の正確な「診断」を:

« 神宮前で元患者さんからも激励 | トップページ | ドクターの診断<不況の原因> »