フォト
無料ブログはココログ

« 県政の正確な「診断」を | トップページ | ドクターの診断<景気をよくする処方せん> »

2011年1月 4日 (火)

ドクターの診断<不況の原因>

Photo 私は今の不況の原因を輸出ばかりに依存しすぎて中小企業の下請け単価を引き下げ、毎年賃金が下がりつづけたことで国民の消費が冷え込んだのだと考えています。この考えは先日のブログにも書きましたが、鳩山政権の「基本方針」にも書かれています。

この10年間に輸出大企業は内部留保を倍増させましたが労働者の賃金は下がり続けました。この内部留保は国内の設備投資や賃金に回されず、海外投資や投機にばかり使われています。

« 県政の正確な「診断」を | トップページ | ドクターの診断<景気をよくする処方せん> »

愛知県知事選」カテゴリの記事

コメント

となるとその逆に中小企業を潤して労働者の賃金を上げれば国内需要が活性化して景気回復ということですね。具体的な政策は次の記事?

トヨタの1兆円以上の利益はどこに行ったのでしょうか。

外需に依存していたら、国内の経済はムチャクチャになる。880円のGパンでも4割はもうけると聞いた。  TPPで安い労働力がどんどん入って来たら、雇用がなくなる。日本人が日本で生活できる賃金で働けるようにしてほしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1449520/38334800

この記事へのトラックバック一覧です: ドクターの診断<不況の原因>:

« 県政の正確な「診断」を | トップページ | ドクターの診断<景気をよくする処方せん> »